1. ホーム
  2. 高収入な社会保険労務士の求人について
  3. ≫社会保険労務士資格を取得すると本当に高収入求人につながるのか?

社会保険労務士資格を取得すると本当に高収入求人につながるのか?

取得すると高収入求人に巡り合えると評判の社会保険労務士ですが、社労士になるとどのくらい稼ぐことができるようになるのか。
これは、誰しもが気になることではないでしょうか。

せっかくある程度の期間勉強をし、試験費などを支払って取得した資格でも、面接時に実務的には全く意味がない資格だと酷評されるようなものも存在します。

ここでは社労士の資格を取るとどのくらい稼ぐことが出来るのかについて紹介していきましょう。

■社労士だけで生活が出来るのか?

社会保険労務士の資格を取得すれば、それだけで生活をしていくことが可能なのでしょうか。
つまり、開業をして社会保険労務士として、十分に生活が出来るのかということなのですが、社労士の年収は、450万円から3000万円と幅が広いのが現状です。

つまりは、やはり人脈であったり、コンサルティング能力に長けた社労士の場合には1000万円プレイヤーを大きく超えた年収3000万円という高収入を獲得できているわけです。

あまりに年収差があるため、最低年収を安いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、年収で450万円稼ぐことが出来ていれば、十分に高収入求人とは言えないでしょうか。
つまり、社労士だけで生活していくことは、当然に可能だということなのです。

■社労士の平均年収は?

社労士の平均年収は、530万円前後と言われています。
こういう実情を考えると、高収入求人と巡り合えていると言っても過言ではないでしょう。

一般的なサラリーマンやパートなどで働く方の年収は430万円前後とされていますから、約100万円前後高いわけで、十分に高収入求人に巡り合えている状況と言えます。

数字に関しては、年齢によったり、勤続年数といったものによっても、変わってきます。
社会保険や社会保障制度のプロフェッショナルですから、一般企業に就職したとしても、一般の何も資格のない社員よりも優遇されるというのは、当然なのです。