1. ホーム
  2. 高収入な社会保険労務士の求人について
  3. ≫高収入求人につながる社会保険労務士の仕事内容

高収入求人につながる社会保険労務士の仕事内容

高収入求人に巡り会える資格として、社会保険労務士をあげる方は多いです。
社労士の資格を有すると、具体的にどんな仕事が出来るのか。

ここでは、社労士の魅力について紹介していきます。

■社労士の仕事は?

社労士の仕事は、労働や社会保険の分野のプロフェッショナルと呼ばれるほどの知識を使い、企業内における人事や労務のコンサルティングを行います。

他にも、個人の年金等の相談に乗ったり、時代の変化による働き方の多様化。
こういった変化に対しての人事や労務の分野において、業務を煩雑化させるなどの業務を担うことになります。

具体的には、人事や労務に関してのコンサルティング業務。
各種書類の作成や労働・社会保険関連の手続き代行業務。
職場における様々なトラブルに関しての相談業務。
年金や社会保険に関しての相談業務になります。

■更なる高収入求人に巡り会えるキャリアアップ

社労士の資格一つでも、十分に高収入求人と巡り会える可能性が高まるわけですが、独立開業などを目指す場合には、同時に司法書士や行政書士といった法律系の資格を取得しておくと、より高収入求人と巡り会える確率が上がります。

社労士に関しても、少なからず労働基準法などの法律が必要な資格であるため、どうせなら司法書士や行政書士といった資格も同時に保有すると、高収入求人に巡り合える確率は格段にアップすることになります。

社労士だけでは、人事や労務、社会保険や労働条件といったものに限定されますが、行政書士や司法書士といったものを取得することによって、トータル的に企業に対してのきめ細やかなコンサルティングが出来るようになるため、かなり高収入求人に近づくことになります。

また、社労士とのダブル取得で高収入求人に繋がるのは、個人向けのライフプランニング業務がかなり強くなりますから、FPがおすすめとも言われています。