高収入求人につながる資格!社会保険労務士とは?

高収入求人に男性が巡りあうためには、基本的には資格取得が必要だと言われています。

しかし、世の中には星の数ほどに資格が存在しているため、一体どのような資格が結果として高収入求人に繋がるのか分からないという方がほとんどではないでしょうか。

ここでは、さまざまな資格の中から、高収入求人に繋がると評判の社会保険労務士について紹介します。

■社会保険労務士(社労士)とは?

社会保険労務士は、社労士なんて略されることが多いです。
この資格は国家資格であり、社会保険のスペシャリストであるという証明書のようなものです。

主な業務内容としては、労務管理を行ったり、年金に関してのコンサルティングを行ったりします。
また、企業の就業規則などの作成業務を行うこともあります。

企業内に属せば、労働保険に関してや、社会保険の手続きのための書類などを作成したり、提出代行なども行っていくことが多いです。

社会保険に関するものや、労働に対しての手続きは、法律的な知識を求められることになり、更に手続きそのものが非常に複雑と言われており、そういった業務を担当するには、専門的な知識とスキルを求められるため、社労士の資格を有していると、一般企業でも重宝されます。

このため、企業規模などに関係なく、社会保険を導入している企業に広く活躍の場ある需要の多い仕事ですから、高収入求人につながりやすいと言われているのです。

高収入求人につながる資格!社会保険労務士とは?

■社労士を有していると出来る仕事

社労士の資格を保有している方の場合、働き方は、企業のいち社員として資格を活かした仕事をするといったパターンと、社労士として独立開業するという2パターンが用意されています。

勤務の場合には、人事や労務といった部署に所属し、資格を活かした業務を担当します。
売上成績などで給与が上下動することがなく、大出世も出来ませんが、大減俸などもない。
安定した収入を得ていくことが出来ます。

一方で開業をした場合には、顧問報酬の他にも、各種手続きなどを行った場合の手続き報酬。

更には労務管理などまで任せてもらえるのであれば、管理報酬を得ることが出来ます。
しかしながら、収入のほとんどが、顧問報酬となるため、資格取得のみならず、その知識を実務としてきっちりと活かすことが出来るのか。

実績を積むことが出来るのか。
顧問契約を勝ち取るための営業力や人脈があるのかといったものも求められます。
こういった事情があるため、開業した社労士の年収は、個人差が非常に大きくなっており、300万円から3000万円という稼いでいる方とそうではない方の中に10倍もの年収差が生まれている状況なのです。

■十分に高収入求人といえる

社労士の年収の実情は、開業した方の個人差が非常に大きいというものです。
しかしながら、一番人口が多いとされている中心層にターゲットを絞っても、年収で500万円から600万円を稼げている方がほとんどです。

近年において、年収600万円は、結婚適齢期の女性が男性に求める年収額をオーバーしているため、十分に高収入求人にありつけると言える金額でしょう。

中高年になれば、現在の会社に所属していれば、この金額も望めるといった場合でも、やはり若い内からこのくらいの金額を出来れば稼ぎたいと思っている方が多いはずです。

こういった考えがある方ならば、社労士の資格を取得し、取得の合間に本業の仕事の中で人脈を広げ、独立開業をして1000万円プレーヤーを目指すというのも悪くない選択とはいえないでしょうか。